« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年12月

2012年12月22日 (土)

『あおいとナミのベースボール探検隊』について

『あおいとナミのベースボール探検隊』は、『月刊ジャイアンツ』(報知新聞社)という野球誌で、1991年3月号から1995年1月号までの約4年間、47話にわたって連載されました。
 
舞台は2091年の野球歴史研究所。主人公あおいは、ちょっとした失敗からコンピュータを破壊。貴重なデータを消去してしまう。そして、連帯責任を負わされたナミ先輩とともにタイムマシンで過去へ、データ収集の旅に出ることに…。
 
……という体で、毎月一人の野球選手(当然ジャイアンツの)を紹介する漫画。1話が12ページ。毎回カラーページ(3色)もありました。
 
同枠で連載していた友人が急遽やめる事になり、後任の描き手を探していたので引き受けた仕事だったのですが…
じつは野球もジャイアンツもあまり詳しくはありませんでした。
そこで「半年だけなら引き受けます」「資料と原作を用意してください」と2つの条件を出して引き受ける事にしたのでした。
(でもやってみたら楽しくて『半年終了』はあっさり撤回w)
 
野球誌なので雑誌の主役は選手のグラビアやコラム。漫画はあくまでオマケです。それゆえ『毎月ひとり名選手をクローズアップしてエピソードを紹介する』というノルマさえこなせば、あとはほぼ放任状態w 相当好き勝手やらせていただいてました。当時のテレビやCMのパロディ。勝手に始まるシリーズエピソード。絵柄もコロコロ変わりますw
そして連載終盤は、ジャンプの連載準備を平行して進めていた時期で、特に『ふわふら』のネームが通ってしまった時など、『あおいとナミのベースボール探検隊』との両立が難しくなり、友人に代筆してもらった回もあります。(今回その友人の許可も得てその回も一緒に収録しています)
 
そんな『いい加減w』『ゆるゆるw』『行き当たりばったりw』な漫画ですから、描きながら単行本化などはあり得ないと思っていましたし、原稿も残っていません。月刊ジャイアンツから漫画のページだけ切り取って残していましたが、いずれ自分用にスキャンしたら廃棄するつもりでした。今回『JコミFANディング』の話をいただいたのは本当にちょうど良かったのです。(スキャンの手間が省けるしw)
『JコミFANディング』が『限定販売』であるという事も好都合なのでした。
上で書いたように、市販出来るような代物ではないのですw「八神健が描いた物ならとりあえず持っとくか」という奇特な人でなければ、買っても「損した!」と思うでしょう。
 
『あおいとナミのベースボール探検隊』が収録される8000円コースは25名限定です。本当に、覚悟のある人だけ買ってください。
 
今回の収録にあたっては、報知新聞社、原作者様(故人なのでそのご家族)日本文藝家協会、そしてJコミさんに、多大なる御協力をいただきました。ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「密・リターンズ」没ネーム集について

『密・リターンズ!』は、2度、連載会議に提出されています。
(『連載会議』というのがどういうのか知りたい人は『バクマン』でも読んでください)
1度目の連載会議では3本の新連載枠に入れず落とされました。(ちなみに、その時の会議を通過した3本は『みどりのマキバオー』『忍空』『MIND ASSASSIN』)
 
そして「今回は選に漏れたが、次回の会議にも提出するように」と言われ、それまでに直すか、それともそのままの形で再提出するかは自分で選んで良いことになりました。そこで、担当さんと相談して大きく直す事にしました。
 
今回の『没ネーム集』では、それぞれの連載会議提出前のネームが複数バージョン収録されており、連載会議に向けて少しずつ修正が加わっていく過程を見比べることが出来ます。そして連載開始後のネームも現存する限りの物は収録しました。
 
漫画を描いた事がある人や漫画家志望の人は、修正の前後を見比べて修正理由を推測してみるのも面白いかもしれません。
そうでない人も、『密・リターンズ!』の『別の世界線』をチラ見する楽しさはあるかもしれません。
 
もし、どこか途中の段階でネームにOKが出ていたら、『理都が早い段階でデレている世界線』や『鶇原さんが存在しない世界線』などになっていたのかもしれないのですw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

JコミFANディング

12月19日、Jコミにて『JコミFANディング』正式版の開始が告知されました。
 
 
今回の正式版では、八神健も参加します。
ほかに以下の5人の作家さんも参加。
 
出口竜正 先生
内田美奈子 先生
松田未来 先生
凡天太郎 先生
がぁさん 先生
 
それぞれの作家さんのセット内容はJコミのサイトを参照していただくとして、八神健のセット内容は以下の通り。
 
『八神健PDFセット』
3000円コース(100名まで):1〜5までが貰える。
8000円コース(25名まで) :1〜7まで全て貰える。
 
(1) 『密・リターンズ!』 (全7巻)
(2) 『ふわふら 〜八神健傑作選1〜』 (全1巻)
(3) 『きりん The Last Unicorn』 (全3巻)
(4) 『ありさ2(ありさのじじょう)』 (全1巻)
(5) 「密・リターンズ」没ネーム集
--
(6) 幻のデビュー作『あおいとナミのベースボール探検隊』
(7) 直筆サイン入りハガキ(イラスト入り)
 
特に(6)は、完全にここだけでしょう。
掲載が漫画誌でなかった事もあって、単行本化などは無い物と思って描いてたし、今回の収録にしても、20年の歳月を隔てて権利関係等を明らかにするまでがえらい大変でした。
 
20日現在はまだ告知期間で、実際の販売開始は12月22日(土)の正午からです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »